タミフル耐性でのBCP策定の必要性と予防接種案内

インフルエンザは古くから脅威の感染症として知られていました。特に小児や高齢者においては脳症や肺炎などを合併してしまうことによって後遺症を残したり、死に至ってしまったりすることすらある重篤な疾患です。そのため、予防や治療に対する意識は古くから高かったものの、治療に関しては有用性の高い治療薬がない状態が長く続いてきました。しかし、タミフルが市場に登場したことによって状況は一転し、治療可能な感染症として認識されるようになりました。ところが、変異を起こすことによってタミフルに対して耐性を有するインフルエンザウイルスも登場してきたことにより、タミフルがあっても安心できない状況が生まれています。そのため、企業や学校、各種団体においてはBCPを策定することが必須となってきています。インフルエンザ流行におけるBCPの必要性を高めているのはタミフル耐性インフルエンザの登場だけではなく、新型インフルエンザの登場の影響も大きいのが事実です。新型インフルエンザによって鳥などの他の動物を媒介して感染が広がるリスクが高く、そういった事態においてどういった方針を取っていくかということをBCPによって明らかにしていくことが必要とされてきています。一方、特に企業においては社員のインフルエンザ予防を促進することが不可欠であり、インフルエンザ予防に関する案内を出すことも多くなりました。情報提供を行うだけでなく、予防接種の補助に関する案内を出す企業も多くなってきています。こういった案内を出すことによって福利厚生の一環として取り扱うことが可能であり、企業としては非課税の経費として取り扱うことができるため、企業にとって有益な手段となっています。