インフルエンザに感染したら、タミフルという薬で治療

毎年冬のシーズンになると猛威をふるうインフルエンザ。高熱などの症状だけでなく、他の人にうつしてしまう恐れがあるため、学校や仕事に行けないなど日常生活にも支障をきたしてしまいます。以前はインフルエンザに感染しても特効薬がなく、症状がなくなるまで安静に寝ているしかありませんでした。ですが近年は、タミフルという薬が使われるようになって、症状が重くなるのを防いだり回復までの期間が短縮されるなどその様相が一変しました。
インフルエンザのメカニズムでは、体内でインフルエンザウイルスが宿主細胞から別の細胞へと感染を広げることによって増殖し、その結果として急激な高熱や関節痛などの重篤な症状を引き起こします。タミフルは、この別の細胞へのウイルス放出の際に必要なノイラミニターゼという酵素を阻害することによってその増殖を抑えるインフルエンザ治療薬です。タミフルはA型とB型の両方のインフルエンザウイルスに効果がありますが、ウイルスの増殖を抑制する働きを持つという特徴のため、いったん増殖してしまったウイルスを失活させることはできません。ですので、インフルエンザを発症してから48時間以内にタミフルを服用するのが非常に有効であるとされています。またタミフルは治療薬としてだけでなく、予防薬としても使われています。家族の中でインフルエンザに感染してしまった人がいる場合など、インフルエンザウイルスが体内で潜伏している状態でタミフルを服用すれば、インフルエンザを発症する前にウイルスの増殖を抑えて予防することができます。受験や結婚式など大切な用事を控えている人にとって、タミフルはインフルエンザから身を守る有効な手段であると言えます。